tonco

1st album 木箱のリボンを - Recording Note -
01.アルバムのこと
02.はじまりは
03.GINJIN STUDIOへ
04.音の魔術師
05.頼れる助っ人たち
06.呑むのも作品作りのうち
07.バトンタッチ
08.アートワーク
09.comment
10.Producer's Note
11.「木箱のリボンを」全曲解説
01.アルバムのこと
日々の暮らしの断片から紡ぎ出される無垢な心象。
原風景のスケッチ、無音の奏でる色彩。
ギター弾き語りは鉛筆のデッサン。
そこに、パステル、水彩、時には
油絵具で色彩を足してゆくようなサウンドメイキング。
必要な音は目の前にある。
根底にブリテイッシュ・フォークやアーシーなアメリカンロック、
FAB4への愛情を抱きつつ独特な質感を持った世界をかもし出します。
プロデュースに藤原マヒト、ゲスト・ミュージシャンに伊賀航・大久保由希・okyonを迎え、
GINJIN STUDIOにてレコーディング。
木箱のリボンを解いてみたら、いったいどんな宝物が詰まっているのでしょう。
そっと開けてみてください。
「木箱のリボンを」
1.木箱のリボンを
2.台所と夕暮れ
3.貨物列車は北へ
4.ポリジの庭
5.無音のビートが奏でる色
6.鍵盤弾きの猫使い
7.紫陽花グラデーション
8.七色の緑
9.微熱
10.マルハナバチ
11.かもめ島
02.はじまりは
マヒトさんと福岡さん
この2人が仲良しになったおかげで私のレコーディングは始まった。
嬉しかった。
03.GINJIN STUDIOへ
いざ、録音開始。
福岡さんのエンジニアリングのもと、今まで作った楽曲を弾き語りから録っていく。
口数は少ないが、迷っていると的確なアドバイスをくれる氏。
04.音の魔術師
私の弾き語りをベーシックに、 マヒトさんがベース・鍵盤・マンドリンなどあらゆる楽器を重ねていく。
まるで絵を描くように…
万華鏡のような音楽家です。
05.頼れる助っ人たち
あれこれ録り重ねていくうちに、 入れたい音も明確になっていきゲスト・ミュージシャンをお呼びすることに。
okyonちゃん(percussion)
ユッキー(drums)
伊賀さん(contrabass)、
みな気心知れた信頼の置ける音楽家たちです。
06.呑むのも作品作りのうち
スタジオ作業の後はたいがい近くの中華料理屋さんで一杯。
こういう場でのコミュニケーションがあるとないでは結構違うのかもしれない。
07.バトンタッチ
GINJIN STUDIOでの録音を終え、ミックス〜マスタリングの作業へとバトンタッチ。
--
mixed by  原真人
mastered by  上野 洋
08.アートワーク
実物は包装紙で使うような薄い紙にプリントされていて
うっすら裏の文字が透けて見えて、やわらかく優しい雰囲気。
まるで雲の中の風景を覗いているよう。
--
illustration  芳野
design     葉田いづみ
09.comment
どの楽曲もすばらしい!
花と生き物の気配、心地よい色と空気感、無駄のない必要なものが最低限にあるサウンド、
それらの要素が極上の織物を紡ぎ出しています。
木箱の中にはそんな日本人のデリケートで美しい工芸品のようなものが入っていました。
− タナカカツキ (マンガ家 「オッス!トン子ちゃん」「バカドリル」 )
料理で一番むずかしいのは弱火の使いかた。
弱火でコトコト、中身にしっかり火がとおったような、 そんな音楽は大事にしたい。
そんな音楽をつくったtoncoさん、とても気に入りました。
日本人離れしたメロディ・センスなのに、なじみやすい。
なじみやすいのに、どこか謎がある。
たぶん、音に自分の風景を持っている人なのでしょう。
− 高木洋司 (ヤマハミュージックアンドビジュアルズ チーフ・プロデューサー )
ひきだしの奧でみつけた
可愛い絵柄の小さなノート
あのコの秘密の日記帳
陽だまりの匂い
返さなくちゃ。
“かもめ島”で会えるだろうか
− 河村博司(音楽家)
toncoのデビューアルバム「木箱のリボンを」を聞きながらゆっくりと時間が過ぎるのを感じています。モノクロの写真のような日々の切り抜かれた歌詞が心地よいメロディとともにあたりを包み込んでくれるようです。
toncoの透明感としっとり感のある声、それとRadio Headにも通じるような、それらを生かした無駄のないアレンジ。藤原マヒトのプロデュースによる所の大きいだろうサウンドメイクはtoncoと言う素材をそのまま美味しくいただけるように目の前に差し出してくれている。
今後の活躍を期待します。
− HIKARU ( DER ZIBET )
木箱のリボンが
ほどけていたので
ちょこっと中を覗いたら
あなたとあなたの馴れ初めが ちょこまかちょこまか
微笑ましい のでした
− ノラオンナ ( シンガーソングライター )
10.Producer's Note
text by mahito fujiwara
およそ1年かけてポツポツと録音してきたのですが、最初の頃はレーベルも決まっておらず、 とりあえず作品を録り貯めていこうかという感じでした。 福岡史朗氏のGINJIN STUDIOで作業を続けていったのですが 昨今あたり前のデジタルな録音環境ではなく、アナログ卓に16トラックのハードディスクレコーダーという非常にベーシックな録音機器、アウトボード(様々な外付けのエフェクターなど)もほぼ無しという潔いスタジオなのです。 とはいえ、アップライトピアノはあるし、ドラムセット、ギター、べース、アンプ類、マンドリン、アナログシンセ等々揃ってるし、もし何か必要ならもって行けば良いし、まあ、どんな音楽を作るのかにもよりますが、そこにあるもので基本的に作る、というのが好きなのでなにも問題はありません。 (不精ったらしいともいえますが...) 結局ウーリッツァーを運び込んで常設にし、必要に応じてアコーディオンなどを持っていくことに。 このスタジオ独特の部屋鳴りも魅力でしたし、toncoの音楽の質感にあってるなと思ったのです。 なにはともあれ、福岡氏とGINJIN STUDIOの存在無くしてはこのアルバムを語ることは出来ません。 当初、アルバム制作という明確な目標があって作業を始めたわけではないのですが、toncoの音楽の基本的な録りかたはすぐ決定しました。まずは一人でガットギターの弾き語りベーシックを録る。ふだん彼女がライブでやっているのとまったく同じことです。 クリックも一切なし。 ダビング時に便利なので試してはみましたが、テンポの揺れや小節の伸び縮みもtoncoの音楽の大切な要素だということに改めて気づかされる結果に。 曲によってはピアノ、ベースと同時に録ったり、ドラム、ベース、パーカッションを交えてせーので一発録りしたりもしましたが、ほとんどの楽曲は弾き語りがベーシックとなっています。 録音時のエンジニアリングは福岡氏に一手に引き受けてもらい、大体いつも夕方からの作業です。 2曲ほどベーシックが録れればその日の作業はおしまい。3曲録れたらよく働いた、ってなもんで近所の中華屋に繰り出すのがお約束。 ご飯ではなく、一杯ひっかけに行くのです。 (早く行きたくて作業をはしょる、てなことはなかったですが、10時までには終わろうと僕自身は心がけてました) 3人ともビ−トルマニアなのでポールは長島茂雄的だとか、やっぱジョンがかっこいいの、ジョージのガニ股もカワイイの、リンゴは意外にしたたかだの、餃子にビールで盛り上がり、終電間近にあたふたと店を出るのでした。 やっぱ、これがないと1日が終わりません。 さて、録音作業が始まって何ヶ月かたち何曲か形になってきたかな、という頃福岡氏から衝撃メールが。 なんと、レコーダーにアクシデントがあり録音してあった音がすべて消えてしまったあ!とのこと。 メールですけど、文面が青褪めておりました。 tonco音源としてはまだまだ試し録りっぽいものでしたし、曲数も少なかったのでほとんど痛手ではなかったのですが氏ご自身のアルバムのため録ってきた音源も例外なく消失してしまったので、そちらの方がたいへんだったと思います。   そんなこんなで仕切り直した後、順調に作業は進んでいきMIDI Creativeからのリリースも決まりはっきりした目標が立ちました。 録りにあたってはベーシックをあまりいじりまわしたくなかったし、なるべくスルーで1曲通して演奏したテイクが欲しかったので多少ラフだったりしても、全体の流れのよいテイクを選んでいきました。 あとで聴きなおしてどうしても気になる曲だけ後日録り直していますが、すべて一発録り、基本的に3テイク以内でオーケーが出ています。 ミュージシャンのタイプにもよりますが、あんまり何度もやり直したテイクより真っさらで新鮮なアーリーテイクの方が魅力的な場合が多いと思うのです。 ダビングは必要な楽器が見えているものから始め、エレキベース、ピアノ、ウーリッツァーあたりが皮切りとなりました。 弾き語りのテイストを大切にしたかったので、何を重ねるにしても饒舌になり過ぎないよう気をつけて。 これ見よがしの派手さはまったく必要ないのだけれど、あまりストイックでもつまらないので、 24色ではなく12色の絵の具を上手く使い分けるような気持ちでスタジオを見渡せば、色々あるじゃないですか! マンドリンや、マラカス、シェイカーなど大活躍しています。 コーラス・パートはほぼすべてtoncoが自宅でハードディスク・レコーダーに宅録し、それをミックス時にトゥールズに流し込むというやりかたをとりました。 コーラスアレンジは音楽的にかなり大事だったので、ゆっくりとアイディアを練れてよかったようです。 そうこうする内に、だんだんと他に欲しい楽器が見えてきます。 アコースティック・ベースを入れたらよさそうな曲がけっこうあり、ドラムセットとエレベでバンドっぽいアンサンブルにしたい曲も出てきました。 そこで、助っ人の登場とあいなります。 コントラバスに伊賀航氏、ドラムスに大久保由希さん、パーカッションにokyonさん。 みなさんとっても素晴らしいことをしてくれて、またまたビールが美味いのでした。 (セッション詳細は全曲解説をお読みください) 録音も佳境を迎えてくるとミックスのことをそろそろ考え始めます。 当初はGIJIN STUDIOのアナログ環境のもと、マニュアルでミックスしようと考えていたのですが意外にサウンドの要素が増えてきたし、微妙なフェーダー操作も必要になりそうだし、エンジニア的な部分でのアドバイザーとして関わっていただく予定だった、ワールドスタンダードなどでおなじみの原真人氏のプロ・トゥールズに音源を吸い上げてデジタル環境でのミックスをお願いすることにしたのです。 (藤原真人から藤をとれば原真人なのですが、氏はマサトです) おかげさまで、肌理の細かいミックスを行うことが出来て結果的に大正解でした。 原氏のご自宅であーだこーだ注文をつけつつ、実際のミックス作業はお任せし、「深夜食堂」を全巻読了し、中途で抜け出して酒肴を買い出しに行き、挙句の果ては新婚の奥さまお手製の晩御飯をご馳走になるという、贅沢ミックスの日々。 そして、最終的にマスタリングはMIDI RECORDの上野洋さんにお願いし、音の完成にこぎつけたのでした。 大変素敵なイラストを描いて下さった芳野さんはイラストレーター、リトグラファーでジャケットの依頼を快く受けてくださった上、初対面の打ち合わせの日に飲み屋のハシゴにまでお付き合いしていただき嬉しかったのです。 このアルバムの大事なポイントである質感を実際の形に実現していただいたデザイナーの葉田いづみさん、もう初回の打ち合わせに吉祥寺「いせや」本店にお呼びしてしまったので、ちょっとしたカルチャーショックだったようです。 でも、面白かったみたいだけど。下手なカフェより午後の「いせや」の2階の方が落ち着くし、 どうせその後行くんだから良いだろうというtonco判断なのでありました。 ジャケットの包装紙のような質感や裏に印刷された文字がうっすら透けて見える感じなど実物を手にとってみないとわからない。 ここでお伝えできないのがちょっと残念。 まあ、買ってください! 最後に、MIDI RECORD社長の大蔵博氏、担当の塚原雅州氏の尽力のおかげでリリースの運びとなりました。 ありがとうございました!
11.「木箱のリボンを」全曲解説
text by mahito fujiwara
■M1.「木箱のリボンを」
ガットの爪弾きから導入されてアコーディオン、コントラバス、マンドリンが寄り添います。 アウトロは南欧情緒たっぷり。 ヨーロッパ映画のサントラのような雰囲気を出したかったのです。
■M2.「台所と夕暮れ」
弾き語りのベーシックに後からドラム、ベースをダビングしていったのでタイム感を合わせるのに若干苦労しましたが、ソリッドでざっくりしたリズム隊はジョン・レノン初期のソロ作品や、ニール・ヤングとクレージーホースあたりのイメージ。 ちょっとシュールで幻想的な曲調に、ウーリッツァー、歪ませたピアネット等が色を添えます。
■M3.「貨物列車は北へ」
軽快なネオ・カントリー風の作品。 まず、バイオリン・ベースをダビングしています。つーことで、まあマッカもどきです(笑 間奏で大久保由希さんのスネアとライドシンバルに乗っかるピアノはL,R2本。全編にリズムを入れなかったのはデコボコした親密さを出したかったから。 いろんな楽器が頭の中では鳴っていましたが、敢えて入れないことに・・さて、どんな楽器が鳴っていたのかは想像してみてください。
■M4.「ポリジの庭」
この曲も最初にエレベをダビングしています。 展開部分で8分を刻んでいるのはセカンドベース。 ミラちゃん、ロングホーンベースありがとう! アルバム中唯一エレキギターを使った曲でもあり、ワウと軽くフェイザーをかましてます。そのエフェクターのせいかノイズが相当のってますね(苦笑 まあ、ノイズも音楽のうち、という主義なので。 それから、ROLAND-SH2000というビンテージなモノシンセが活躍です。ネタばらしちゃうと、ウィングスみたいな入れ方だな。
■M5.「無音のビートが奏でる色」
これも弾き語りベーシックにダビングしたのでテンポ揺れてるし、okyonの16分シェイカーたいへんかなあと思っていたら、なんとテイク1オーケーでした!素晴らしい。ガットギターがちょっとアフリカの竪琴コラを思わせる。伊賀君のコンバスがグッと引き締める中、間奏のピアノはモノラル。 toncoにVan Morrisonのアルバム「Enlightenment」みたいに弾いてと言われ、こんな風になりました。 ラスト・ヴァースのコーラス・アレンジはシンガーソングライター、mayulucaさんによるもの。以前、セッションでこの曲を演奏したときにつけていただいたコーラスをレコーディングでtoncoが再現してます。カーペンターズをちらっと彷彿させる、と思うのは僕だけか?
■M6.「鍵盤弾きの猫使い」
これは全員で一発録り。ギター、ボーカルにト゛ラムス、ベース、ハ゜ーカス。その後、ピアノ、アコ、ウクレレを重ねてます。特別参加は猫のナヂ。 蕎麦屋で昼下がりの一杯はサイコーという歌なんでしょうなあ。 リプライズっちゅうことをやってみたかったので、別録りしてお尻にくっつけました。こういうのは意外と手間がかかるんだけど楽しいね。
■M7.「紫陽花グラデーション」
複雑で組曲みたいな、どんどん変化してゆく曲。水が流れるような音のグラデーション。 ポップミュージックの構造としてはちょっと珍しいナンバー。 エキゾチック・モンド感もそこはかとなく漂ってます。睡蓮じゃないけどルノアールとか印象派の絵画が思い浮かびますね。基本的にギター弾き語りにピアノ、エレベ、ウーリッツァーで構築されてますが、伊賀君のコントラバスのアルコ弾き(弓)が効いてる! 今回、コントラバスはかなりアルコ弾きがフィーチャーされアンサンブルに奥行きを生じさせる大きな要因となっています。
■M8.「七色の緑」
2本のギターとコントラバスのみの楽器編成。なんだか懐かしいような静謐さ。 「真夜中のギター」(千賀かおる )やジャニス・イアンを思い出すような。最後のコーラスパートがグッときます。
■M9.「微熱」
ドラム、ベース、tonco弾き語りでベーシック一発録り。 ブリティッシュトラッド的な質感の濃厚な力作。 アレンジをエレベから構築していったのとユッキーのドラムと同時に録ったためか、アルバム中もっともロック的なアンサンブルかもしれません。toncoのギターは1弦から4弦までカポをつけた変則チューニング。アウトロの雰囲気はマンドリンのリフのせいかどことなくピンク・フロイド。 僕の頭の中で鳴っていたのは、ドノヴァンやペンタングル、レッド・ツェッペリン。そして、やっぱりポール・マッカートニーでした(苦笑 間奏前のアルコ・ベースのグリスがしびれる!
■M10.「マルハナバチ」
「微熱」からokyonのパーカスと蜂の羽音に導かれて、ふんわり繋がります。 ポリネーターってなんだ?言葉の意味が分からなくてもその響きでこの歌は成立してしまいます。養蜂家の皆さまにぜひ聴いていただきたい!「堤中納言物語」の虫愛ずる姫が歌いそうだ。 ちなみに僕は中学の英語の教科書でbumblebees(マルハナバチ)って覚えたんだよなあ。。
■M11.「かもめ島」
ウーリと歌で始まる、短編小説の導入のような、綺麗な珠のような曲。 北の島の生活。ものすごく地味な幸福。人生はうたかたのまぼろしでしょうか。。天の川って、住所に住んでみたいな。祖母の姉って大伯母さん? 間奏のコーラスワーク(ケイト・ブッシュ?)とアルコベースの絡みは絶品!ブルースハープはスティービーみたいにしたかったのに・・・
Roland SH-50
piannet